わたしがADHDの傾向あり(未確定診断)と診断されてからのお話。

ADHDと言われても、仕事も生活も恋愛も何も変わらない。

もちこ
結局は、自分のADHDの特性とうまく付き合っていくしかないんや…

大人のADHDの診断をうけるまで

2019.01.11

自分のことが好きだった時

わたしは、なんだかんだいって毎日をドタバタ過ごす自分が好きでした。

時にはつまづいて遠回りしたり、

もちこ
人生うまくいかねぇ…生きづらいよぉ(泣)

と嘆いている自分さえも、ずいぶん人間臭い生き方をしていて、なにかの小説を読んでいるようで、意外と悪くなく面白いものだなと思っていました。

ドタバタ、足踏みをしながら、自分の興味あることをやって、ゆっくり自分の人生を生きていこうと。

自分は人より劣っているという事実

でも、苦手なことはどうしても何回も失敗してしまいました。

うまくできなくて人に迷惑かけたり、作業自体にイライラしたり、自分が情けなく思うようになったり…

自分にできないことばかりにフォーカスを当てていたために、どんどん自己評価が低くなっていくように思います。

もちこ
みんなが当たり前にやっていることを私はなんで気合入れないと出来ないんだろう…

例えば、月末の勤務時間の時間を入力する作業がとっても苦手で、実際の勤務時間(現場先に提出済)とシステムへ入力する勤務時間が合わず、何回も総務部から突き返されていました。

その時は役職についていたので、主任が注意されているってどうなのよ\(^o^)/オワタ と思いながら、月末が近づいてくるとドキドキするようになってました(笑)

勤務時間を入力するだけなんですけどね、勤務時間を計算するのが苦痛で苦痛で仕方なかったです。

頑張ったところで人並みかそれ以下のパフォーマンス

もちこ
私は大人なのになんで頑張らないと何も出来ないんだろう..

そう思った瞬間、急に自分が情けなくなりました。

  • 人一倍二倍もメールのチェックをしたり
  • 必死に電話口の名字を聞き取り
  • 忘れないように忘れないように

頭の中で何回も何回も唱えて。

私の頭の中は「やらなきゃいけないこと」でいっぱいになっていきました。

このときはもう、なにかにのめり込むようなこともなくなって、「自分が楽しい」って感じる毎日はなくなってしまいました。

自分にあてる時間があるなら、タスク消化しなきゃ…

でも、後回しにしてしまって締切を守れない…

やらなきゃいけない」のに、ADHDの後回し癖や時間の見積もりの甘さによって、どんどんギャップが大きくなっていく理想と現実…。

でも、そんなADHDの特性を認めてあげたい

ココ最近、この生きづらさをどうしたらいいのだろう?と考えていました。

弱み(苦手)を伸ばそうとするからしんどいんじゃないかと思い、いっそのこといきいきと生きるには、強みを伸ばして、弱みを諦めることが必要なのかもしれない。と思うようになりました。

自分にできないことばかりにフォーカスを当てていたために、どんどん自己評価が低くなっていったのだと思います。

自分と向き合い

  • 自分に出来ることはなんだろう?
  • 自分が時間を忘れてまでのめり込むことはなんだろう?

と自問自答してみました。

自分が何気なくやっていることが、意外と他の人からはすごいことだったりするので、自分を知る周りの人に聞いてみるのも良いかもしれないです。

私の好きなこと・得意なことは、

  • 自分が使ったことのあるツールなどの改善案を出すのが得意
  • 効率が良いものが好き(改善したい)
  • 常に最適化させて、シンプルにしたい
  • 整理整頓して、きっちり物がハマると気持ちいい
  • 文房具が好きで、ハマるとそればっかり考えている
  • 衝動性が講じて、思い立ったら吉日転職などはスパっと決められる

苦手なことは、

  • 数字の計算(特にお金)
  • 同じことを何回も書く/言うこと
  • なにかをするのに2アクション以上かかるとやらなくなる
  • 片付けやコツコツなにかを毎日つづけること
  • 計画を立てることができない

上記のように自分を分析してみました。

わたし、わがままですね!(苦笑)

我慢しない、充実した生活のために

自分の強みを分析したら、その強みを活かせる環境に身を置くことが重要だと思います。

強みを活かす場所、評価してくれる人が身近にいなくては、結局何も変わらないからです。

その強みでお金を稼ぐのは難しいかもしれないですが、自分の強みを外に発信することで、評価され、自己評価が上がり、自信へとつながっていくのではないでしょうか

なにもしなければ、何も変わりません。

でも、なにか行動を起こせば、何かが変わります。

わたしでいうと、なにかを改善したりするのが好きなので、やはりWebエンジニアっていう職業はあながち間違ってなかったのかなぁ〜と思ったりします。

まぁ、致命的に勉強意欲がないのと、計画性が立てられないのでどうなんだろう…ってところはありますが。

さいごに

ADHDってなんなんでしょうね。

そういう特性だと言われても、「分かる〜!ADHDHあるあるだよね〜!」とはなりますが、一生この特性と一緒だったので、わたしにとってはこれが普通になってしまっていました。

毎日レッドブルを飲んで、「今日も一日がんばるぞ!」と。

これからは、自分の手の届く範囲のことに幸せを感じながら過ごせていきたいと思います。

もしかしたら、意識が低い生活って言われちゃうのかもしれないんですが、わたしは耐え凌いで自分にムチを打ちながら過ごす人生ではなく、自分に自信を持って生きていきたいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です