ADHDのわたしが「うつ」といわれるまで

プロフィールにも記載していますが、わたしは先日うつ病を診断されました
(正しくは “気分障害” なんですが、うつ病・双極性障害を総称して気分障害というそうです。)

病院に向かったのは、11/26。会社を休み自分の足で心療内科へ向かいました。

今回は、わたしが心療内科へ行こうと思った経緯についてお話したいと思います。

ちょっとした日記のようなものですが、少しお付き合いいただけると幸いです。

ADHDについて

そもそも私は1年近く前に、都内のメンタルクリニックでADHD傾向ありと診断を受けていました。

その際のことは後ほど別記事にまとめますが、ADHDの診断を受け、ストラテラという薬を処方されていましたが、副作用の吐き気がひどく、まともに飲めておりませんでした。

引っ越しに転職…ライフスタイルの変化

そんな中わたしはつい最近、恋人と一緒に暮らすために2年勤務した会社を辞め、同時期に引っ越し・転職しました。

職を変えたのは、彼との暮らしを大事にしたいという想いからでした。

Webエンジニアの方だったら共感頂けると思いますが、エンジニアという職業上、いかんせん帰りが遅くなりがちなので…。(そもそも始業時間が遅いんですよね、エンジニアって)

一人暮らしから、夢の二人暮らし
家から近い職場に勤務し、ご飯の支度をして彼の帰りを待てるようになりました。

出勤初日、彼より先に帰路についたときは、嬉しくて泣いてしまいました。

同棲は毎日が楽しくて仕方がなかった

そんなこんなで、恋人との毎日がスタートしました。

恋人のおうちにそのままわたしがお邪魔した形なので、はじめは ”おじゃまします” の気持ちが強かったのですが、これからはココがわたしのおうち。

帰りの時間を気にしなくても良くて、タイムリミットがない2人の時間。

ほんとうに幸せとしか言い様がなかったです。

家事をするだけでいっぱいいっぱい

ADHDが苦手とする掃除などの家事は、アニメを見ながらやったり、SNSに発信してみたり、自分なりに楽しみを見つけながら家事に取り組んでいました

家事について恋人に強制されているわけではないですが、家事に対して強い義務感を感じています。

一人暮らしのときは、「やらないといけないな〜〜(ハナホジ)」くらいだったんですけどね。(その代わりひどいゴミ屋敷でしたけど)

恋人にだらしないところを見られたくないから。

彼女としての役目を全うしたいから

普通の人は当たり前にやっている事だから。

当たり前のことができないことは、恥ずかしくて、悪いことなのだと感じ、そしてわたしは当たり前のことをやるだけなのにとても疲れてしまうのでした

最終的には、自分は大人として、彼女として、当たり前のことができない恥ずかしい人間なのだ。と自分を情けなく、否定的に思うようになってしまいました。

スポンサードサーチ

わたしのやりたいこと

そういえば、

わたし(もちこ)はやりたいことが多すぎる

と、誰かに言われたことがあります。

家に帰ったら、美味しいご飯を作って恋人と一緒に食べたいし、一緒にゲームをしてケラケラ笑いたいし、ジムに行って運動もしたい。それから、最近習い事(くもん書写)もはじめたので、宿題をやる時間も欲しい。あとそれから、毎日ちょっとずつお掃除もしたいのと、お金をもっと稼ぎたいから、プログラミングの副業もやろう!

わたしは物理的には可能だと思っています。(現在進行形)一応タイムテーブルに当てはめていけばすべての予定がはまるんです。

でも、そこに私の「体力」であったり「安らぎ」といったあいまいな時間は含まれていませんでした。

家事ができなくて落ち込んでるのに、なんで習い事なんてなんで始めてしまったんでしょう?

毎日いっぱいいっぱいなのに、なんで副業の契約を進めてしまったんでしょう?

これはADHDの衝動性なんでしょうか。思い立ったら、もう行動してしまっていました。

自分で自分の首をしめるって、まさにこういう状態なのだなと思います。

もうだめだ、と気づいたときには手遅れだった

副業を含む、積み重なっているタスクを解消せねば!とコワーキングスペースに行きました。

ですが全く作業ははかどりませんでした。

頭痛が酷く、頭の隅では これからわたしは何をしたらいいの?と助けを求めている自分がいて、どうしたらいいのかわからず何度も手帳をめくったり、ブラウザを切り替えたり..

頭の中の情報たちがうるさくて、目の焦点も合わず、動悸がする。とにかく頭が痛い。

ああもうだめだ。ADHDが悪化してるんだ。ストラテラを貰いに行こう。
そうすればタスク処理速度が上がって、色々出来るようになるかもしれない。

そう思って、再度心療内科の扉を叩くことを決心しました。

そして、うつ病と診断される

そして11/26、月曜日。前の日眠りにつくころには、仕事を休むことを決心していました。

ここ数日寝付きが悪く、隣で恋人が寝てからひっそりと泣き続けていたからです。

会社には欠勤の連絡をして心療内科へ向かい、ストラテラが欲しい旨と最近の状態について話したところ、診断されたのは うつ病

ADHDからくる2次障害でした。

さいごに

正直のところ、もう疲れてしまっていて気力が出ず仕事は辞めようと思ってました。何もかも辞めてしまおう。そう思うと、気持ちがスッと楽になりました。

ですので、今回うつ病と診断され休職する機会ができたのは本当に本当に有難いと思います。

でも、まだ自分がうつ病であることは受け入れられてなくて、自分がなんで悲しくなるのか、なんで涙が出るのか納得いっていません。

来週から休職期間に入りますが、きっとこのままでは何も変われないでしょう。

まずはわたし自身が自分と向き合わなければならず、休職は自分とのたたかいのスタートとなのだ、と強く感じています。

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です